category: エラフスホソアカ  1/3

スポンサーサイト

No image

たぶん最後の

8月に購入したWDのエラフスホソアカ。メスは先日力尽きたものの、オスはまだ生きてくれていますが、さすがにもうフセツがいくつかなくなっていて、ほぼ今月中には死んでしまうと思われます。…ということで、おそらく最後になるであろう写真のアップです。ペアで購入したメスは持ち腹で産ませましたが、オークションで落札したWF1メスにはこのオスを掛けたので、血を残してやることもできました。やはりカッコイイっす。頭部にパー...

ありがとう

8月に購入した、WDエラフスホソアカのメスがお亡くなりになっておりました。「こんな時期のワイルドものって、どうなんかな~」と迷いながら購入したものの、持ち腹でバンバン卵を産んでくれ、たくさんの子どもを残してくれました。 本当に感謝、感謝です。普段はメスの写真を撮らないので、購入時の写真ですが。ちなみに、一緒に買ったWDオスはまだ健在ですが、左前脚のフセツは飛んでますし、こちらもそう長くはないでしょうか...

合わない?

No image

先日入手した北斗恵栽園のカワラタケ菌糸ビンに、キクロマトス(エラフスとメタリフェル)の幼虫を順次投入してってますが、数日後にふと見てみると、透明になって表面でウヨウヨとしてる幼虫を複数発見…。どうも合わなかったようですねぇ。透明になった幼虫は、マット詰めプリンカップに入れておきましたが、だぶんダメでしょう。かわいそうなコトをしてしまいました。ただ、キクロ幼虫をカワラタケ菌糸ビンで育てている人の飼育...

エラフスに菌糸

エラフスホソアカの幼虫がそれなりに採れていますので、ボチボチその飼育方法を真剣に考えないといけません。キクロマトスの幼虫はマット飼育が一般的で、ワタシもクワガタ飼育を休止する前のかなり昔、マットでメタリフェルの80mmオーバーくらいは出していた記憶があります。…が、どうやらエラフスはなかなかマトモなサイズに育てるのが難しいようで、手持ちの幼虫を普通にマット飼育してみたところで、ハサミムシを大量生産する...

割り出し3回目

No image

今のところなんだか好調に卵・幼虫が採れているエラフスホソアカの割り出し3回目。今回は1回目のセットで14卵を回収できたワイルド・メスの2セット目であります。例によって平日の帰宅後割り出しなのでそそくさと作業を進め、結果は12卵と7幼虫。残念ながら1幼虫をプチっと潰してしまっており、それがなければ20に達していました。もうここまできたら断言してもいいと思いますが、温度管理さえできればエラフスは簡単に...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。