今後の方針

0 0
クワガタ飼育の再開に際して国産オオクワガタ2ペアとニジイロクワガタ1ペアを入手したものの、

この入手したすべての個体が今年5月羽化となってまして、

ニジイロはしばらくすればなんとか繁殖に挑戦できそうですが、国産オオクワガタは来年からのブリードとなり、

せっかくモチベーションが高まっているのにやるコトはほとんどないという状態。

しかも、国産オオクワやニジイロはすでに飼育方法がしっかり確立され、極太などさまざまなタイプもつくられてまして、

今さらワタシなんぞがブリードをやってみたところで、菌床ボトルを定期的に交換して、

先達たちのギネスに遠く及ばない個体を量産するくらいのコトでしょう。


もちろん、それはそれで楽しんでいくつもりなんですけど、

飼育方法を自分で試行錯誤しながらブリードしていくようなこともしたいと考えておりまして、

なんかこう、メジャー過ぎない種に力を入れたいと思い、

昔からなにげに好きだったキクロマトス属を頑張っていくことに決めました!


…という訳で、今はネット通販やらオークションやらで生体を探しておりますよ。


考えてみると、キクロマトスってのはちょうどいい感じなんですよね。

フォルムはカッコいいし、それゆえにマイナー過ぎず入手性は悪くない。

3大キクロでも、安価で飼育が簡単なメタリフェルから、ちょっと高くて難しいエラフスまでありますし。


いくらメジャー過ぎないって言っても、例えばビプラギアトゥスノコギリに力を入れるぅぅ!と宣言したところで、

誰からの興味もひかず、自分のモチベーションもあがりませんからね^^;


最後に、昔飼育していたキクロの写真を。

20170809-1.jpg

メタリフェルですが、写真のフォルダにはモロタイ産メタリフェルとあります。

20170809-2.jpg

こっちはメジャーなペレン産メタリフェルですが、自分で羽化させた80mm。

20170809-3.jpg

これはインペラトール。

※モチベーションアップになりますので、ぜひクリックを!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページトップ